5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

A「温めますか」アスペ「はい」A(電子レンジにセット)俺「今温めるのかよw」A「?」俺「家で温めるんだけど^^;」A「??」

1 :Wなんとか 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 ◆WgrkHsssGQ (東京都):2011/03/27(日) 00:59:14.49 ID:52gfwxNw0● ?2BP(2224)

避難所行けず、食料も薬もない…=自閉症の子持つ家庭孤立−東日本大震災

「避難所に行けない。救援物資も手に入らない」−。東日本大震災の被災地やその周辺で、自閉症の子を持つ
家庭が孤立している。「もういっぱいいっぱいです」。悲痛な叫びはいつ周囲に届くのか。

福島県南相馬市の会社員女性(40)は、福島第1原発の事故で「屋内退避」が呼び掛けられた地域に住む。中
学2年の娘(14)は重度の自閉症。てんかんもある。地震後、近くに避難所ができたのは知っていたが、自閉
症の子どもは環境の変化や人混みに敏感に反応し、パニックを起こすこともある。

市職員の夫は震災後の対応に追われ、帰宅は深夜。長男(16)の助けを借りながら娘を見ているが、限界に
近づきつつあるという。救援物資は「入れないと分かっていた」避難所止まり。自宅にある食料はニンジン、ネ
ギ、キノコに米20合弱…。家族4人で少しずつ食いつなぐ日々だ。

灯油もなくなり、コートを着込んで過ごす。てんかんの薬もあと2週間分しかない。女性は「いつ発作が起きるか
…。もういっぱいいっぱいです」と声を震わせた。

同県郡山市の主婦山口こずえさん(42)の長男(15)も自閉症だ。震災当日は余震が続き、自宅にいるのも怖
く、夫が帰宅するまで長女(12)と家族3人で夜まで車の中で過ごした。水道は止まり、給水所は3時間待ち。
頼りにしていた食品の宅配も止まってしまった。

長男が通う特別支援学校は震災のため休校。買い物に行きたくても長男を一人にして外出できない。「障害者
の避難所を決めておくなど、災害が起きる前から社会全体でシステムを作っておいてほしかった」と訴えた。
(2011/03/26-14:49)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011032600198

241 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)