5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

東電社員「住民は自分達を被害者と考えるな。マスコミや政府のせいで東電批判されてる」

1 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 (兵庫県):2011/03/29(火) 12:10:48.32 ID:ooAQGRV/0● ?2BP(18)

東京電力の社員と称する人物のブログがネットで話題を呼んだ。
「このブログが炎上すること覚悟の上で、伝えたいこと、伝えるべきことを載せたいと思います」

自ら「東京電力の社員」と名乗るこの人物が、ブログを更新したのは2011年3月19日。
東北関東大震災が発生した後、「いつかは書かなくてはと思ってはいた」と、思いを吐き出した。

被災者を見舞い、福島第1の事故が深刻化していることへのおわびの気持ちを表した後、今回の原発事故は
「耐震強化を上回る大規模地震だった」ために起きたもので、「決して、甘く想定していたわけではありません」と説明した。
そのうえで、1号機から3号機で爆発が起きた経緯が正確に伝えられていないと、悔しさをにじませる。

原発の必要性も訴える。「石油や石炭はいつか枯渇する」「地球温暖化ガス削減のため、原子力発電は大きな力となる」との主張だ。

マスコミの報道姿勢にも疑問を向け、「原子力発電および放射線に対する確かな知識がないままに報道されている現実には本当に悔しい気持ちでいっぱい」
「福島県に対する風評被害をもたらしているのは、政府やマスコミではないでしょうか」と怒りをぶつけた。

ブログの筆者は、原発に頼らざるを得ない国内の電力事情や、東電社員が全員「死ぬ気で」原発の
事故対応に当たっていることに理解を求めようと必死な様子だが、そのためか表現のトーンが比較的強い。
「お願い」する相手は、原発のある福島県民だけでなく、計画停電を余儀なくされている東京電力管内の電気の利用者にも向けられた。

「何不自由なく電気を使えていたのは、福島県のみなさんがあってこそ」
「福島県で被災に合われた方よりはるかに贅沢な生活を遅れていることを今一度再認識してください」などと書いている。
さらに、東電が非難されるのは構わないとしたうえで、「不自由だとか自分たちが被害者だといった考えはやめてください」と強調したのだ。

「炎上覚悟」で思いをぶちまけた筆者だったが、その後何か事情があったのか、3月28日時点でブログは閉鎖されている。

http://www.j-cast.com/2011/03/28091504.html?p=all

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)