5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今、病気になると死ぬ

1 :名無しさん@涙目です。(青森県):2011/03/30(水) 11:17:46.60 ID:mmc0ykQM0● ?2BP(6173)

・「計画停電で手術できない」 除外されぬ病院、不安の声
東京電力の計画停電で、救急患者の受け入れ制限や重症患者の手術の延期を余儀なくされる
病院が出るなど、医療現場が混乱している。一部の病院は停電の対象外になったが、明確な
「除外基準」はない。夏にはさらに電力不足が深刻になる可能性が高く、不安の声が上がっている。

大動脈瘤など心臓血管の治療実績が全国トップレベルで、救急車の受け入れが年間約6千件の
川崎幸病院(川崎市)。関東全域から患者が来院し、通常3カ月先まで心臓手術の予定が入って
いるが、計画停電が始まってすべて延期した。

停電の時間が日によって違い、直前までわからないことがあるので、長いと10時間以上になる
手術の計画が立てられないからだ。非常用発電機で人工心肺装置を動かしている時に発電機が
故障したら患者の命が危ない、という不安もあった。

大動脈瘤は、破裂した場合の死亡率が高く、いつまでも延期できない。停電が続くなら、4月以降は
リスク覚悟で手術を再開するという。 自治医大さいたま医療センター(さいたま市)も停電時は予約
患者以外の外来受け付けを中止し、手術件数を制限している。非常用発電機の燃料の重油が手に
入りにくいことに頭を痛めている。

災害拠点病院でもある上都賀総合病院(栃木県鹿沼市)は停電時でもCTやMRIなどの画像診断
機器を動かせるようにするため、発電機の増設を検討しているが、数千万円かかりそうで簡単に
決められない。廣田光一事務部長は「医療機関は計画停電から外してほしい」と訴える。

一方、計画停電から除外された病院もある。救命救急センターであるさいたま赤十字病院(さいたま市)
は停電時にCT、MRIが使えず、頭部外傷や脳卒中などの救急患者の画像診断ができなかった。
交通事故に遭い昏睡状態で搬送されてきた患者は隣の市の大学病院に転送せざるをえなかった。

その後、加藤泰一院長が東電に強く要請し、計画停電から外された。 日本病院会常任理事の石井
暎禧さんは「苦情を言った病院を除外するなど、東電の対応はばらばら。救急や重症患者を多く
治療している病院から優先して送電するべきだ」と話す。
http://www.asahi.com/national/update/0330/TKY201103300100_01.html

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)