5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【佐賀・九州】 玄海原発がこの先生きのこるには

1 :名無しさん@涙目です。(西日本):2011/03/31(木) 03:02:20.41 ID:L5ItmJ++0● ?2BP(1)

玄海2・3号機、5月にも運転再開 佐賀
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110331/sag11033102160000-n1.htm

 ■九電、計画停電回避へ
 九州電力の真部利応社長は30日、点検終了後の運転再開を延期していた玄海原発2、3号機
(佐賀県)について「地元や国との協議が必要だが、早ければ5月中・下旬にそれぞれ運転再開できる」
との見通しを明らかにした。 
 この日、経済産業省から原発に関する緊急安全対策指示があり、電源車や消防車などを配備すれば、
国から運転認可が受けられると判断した。夏場に懸念されていた計画停電は、回避される見通し。
また、中長期的な地震・津波対策としては今後400億〜500億円が必要になるという。
 玄海2号機は1月から点検中で今月下旬に、3号機は昨年12月から点検中で4月上旬にそれぞれ
運転を再開する予定だったが、福島福島第1原発事故を受け、運転再開を見合わせていた。
 経産省の指示は、津波などで原発が全電源を失っても、炉心や使用済み燃料の損傷を防止し、
放射性物質の放出を抑制しながら冷却機能の回復を図ることを求めている。
 具体的には、津波に備えた機器・設備の緊急点検▽あらゆる機能喪失を想定した緊急対応訓練
▽電源車や除熱・水供給ができる消防車などの配備を指示。電力各社には、これらの実施状況を
4月中に原子力安全・保安院に報告することになっている。
 九電では福島事故の後、玄海(4基)と川内(鹿児島県、2基)の両原発に電源車計5台をすでに
配備しており、消防ポンプ車も4月上旬に配置するという。
 真部社長は「国の指示に対し的確に対応していく」とし、国が指示した原発安全対策基準は
クリアできるとの見通しを示した。
 一方、地元自治体や住民の間に高まる原発への不安については「再開には地元の理解が必要。
佐賀県や玄海町をはじめ、安全対策について九州の各県各地で説明していく」と述べた。


7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)