5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

研究報告「精液アレルギー」 なに、つまりゴックンしてもらえないんですか?

1 :名無しさん@涙目です。(catv?):2011/04/08(金) 01:19:45.51 ID:0J3+hhUI0● ?2BP(2222)

発熱、鼻水、倦怠感!射精で症状が出現?「精液アレルギー」
セックスの後に、発熱、倦怠感、鼻水、眼のかゆみなど、風邪や花粉症に似た症状が現れるようなら、
自分の精液によるアレルギーの疑いがある。
そんな研究報告が、オランダ・ユトレヒト大学のファルディンガ教授(性精神薬理学)によって発表された。
愛の営みを蝕む「オーガズム後症候群」という病気、日本でも発症例はあるのか。

この研究は2002年から始められ、まず症状がある男性45人中、33人に皮内テストを実施し、
自身の精液へのアレルギー反応を確認している。
射精のたびに現れる主な症状は、80−87%に極度の倦怠感・集中力低下・イライラ感、78%に発熱、
55%に頭痛、44%に眼のかゆみや痛み、33%に鼻水があり、1週間ほど続くという。
研究第2報では、うち2人に原因となる抗原(精液)を薄めて少しずつ注射していく“減感作療法”を行い、
5年ほどかけて改善したことを報告している。

この報告では、射精による自身の精液によるアレルギーを「オーガズム後症候群」と名付けている。
では、日本でも同じような症例はあるのか。
男性内科・男性不妊治療外科「恵比寿つじクリニック」(東京)の辻祐治院長は「射精後に強い疲労感や
倦怠感があるので休日前でないとセックスできないと訴える男性はいるが、発熱や眼・鼻症状を伴うような
臨床経験はこれまでにない」と話し、「国内では報告はないし、精液のアレルギーというのはクエスチョン」と疑問視する。
ちなみに男性が射精後、急速に性欲を失い、勃起が維持できなくなるのはセックス(運動)の疲れでなく、
脳内ホルモンのプロラクチンが放出されるために起こる現象だ。

もし、実際にオーガズム後症候群のような症状を訴える患者が来院したならば、辻院長は「皮内テストでは
なく、まず抗アレルギー薬を処方するでしょうね」と話す。
ただ、この研究には別のところにも興味深い特徴的な点があるという。
「症状が出た45人中、25人は“極度の早漏”とある。報告ではオーガズム後症候群で性交頻度が少
ないため早漏が多いと指摘しているが、もしかしたら早漏とも何らかの関係があるのかもしれない」(辻院長)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110407/dms1104071527012-n1.htm

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)