5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

池田信夫「『自然エネルギー』という言葉を使う奴はバカ。太陽光も風力も全て自然を破壊する」

1 :名無しさん@涙目です。(静岡県):2011/04/29(金) 19:07:53.86 ID:2SoGKxCe0● ?2BP(47)

「自然エネルギー」の幻想

ここ1ヶ月でエネルギー問題を勉強したにわかエコロジストは「原発は反自然エネルギーだから凶悪で、太陽光は地球にやさしい自然エネルギーだ」と思っているのだろうが、
太陽電池はきわめて人工的な技術であり、風力発電は環境破壊がひどい。

http://farm6.static.flickr.com/5188/5588011510_4509e81c52.jpg
上の写真はパームスプリングスの風力発電機だが、これが「自然」な風景だろうか。

ニューズウィークにも書いたことだが、「自然エネルギー」という言葉を使うのは、エネルギー問題を理解していない人の特徴である。
化石燃料はもちろん原子力も、太陽を見ればわかるように自然のエネルギーである。人工のエネルギーなんかありえないのだから、自然か反自然かということは意味をもたない。

再生可能エネルギーが化石燃料と違うのは、資源が枯渇する心配がないことと環境汚染が少ないことだ。
しかし埋蔵量でいえば、石炭も天然ガスもウランも(劣化ウランを再利用すれば)数百年あるので、再生可能エネルギーの優位性は環境負荷が小さいことに尽きる。
大気汚染は重要な問題だが、地球温暖化は問題が存在するのかどうかも疑わしい。民主党も「温室効果ガス25%削減」は放棄したようなので、
今後むしろ再生可能エネルギーは不利になるだろう。電気代の3倍も払う補助金が切れたら、終わりである。

ハイデガーも述べたように、自然を掠奪して人間が豊かになることは西洋近代の「業」であり、われわれの文明は本質的に反自然なのだ。
このような「人間疎外」を否定して自然に返ろうというロマン主義が70年代には流行したが、それを実践したのはヤマギシ会とユナボマーぐらいだろう。
人々は「自然な貧しい生活」を選ばなかったのだ。「省エネ」のもっとも進んだ日本でも、エネルギー消費は一貫して増えている。

かつて水俣病や四日市喘息が問題になったときの「公害問題」は生命の脅威だったが、そういう深刻なリスクは80年代までにほぼ除去された。
いま騒がれている「環境問題」のほとんどは、漠然とした「自然」への憧れを満たす贅沢品である。「地球にやさしい」エネルギーを使いたいなら、
それなりの高価格を払える人がやればよい。

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51703016.html

254 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)