5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

物理学者「放射能の恐怖は無知から来る『現代の悪霊』。理系の素養がないバカほど怖がる」

1 :名無しさん@涙目です。(静岡県):2011/05/01(日) 18:02:06.37 ID:nvRWUHLv0● ?2BP(47)

現代の悪霊

福島第1原子力発電所の事故を契機として、放射能が関係した様々な問題についての対応が迫られている。
特に、日本の電力政策についての議論が混迷を深めていることは憂慮すべきである。私もこのブログの一連の記事を通して、
放射能を正しく理解し冷静に判断すべきことを主張してきたが、マスメディアを含むあらゆる言論セクター(部門)で原発反対派の勢いが増しつつあるように見える。

放射能が恐れられている理由のひとつとしては、放射線が人間の五感で感知できないことにあるとされている。ところが、健康被害の原因となる細菌やウイルス等も五感で感知することはできない。
また、健康被害の原因となる化学物質であっても、それが微量でもその毒性が問題になる場合、五感で感知することはできない。
五感で感知できるのは、硫化水素等のように嗅覚で感知できる程高濃度のガスや味覚で感知できる程高濃度の毒物の場合に限られる。
このように考えると、放射能が恐れられている理由は別のところに求めなければならない。一番大きいと思われるものは原爆―ヒロシマ・ナガサキ―である。
それに較べると小さいが、放射性物質のうち半減期の長いものが一度環境や体内に取り込まれると長期に亘って滞留する性質があることも挙げることができる。
最初に述べた理由に勝るとも劣らないものとしては、放射能・放射線がある程度の理系の素養のある人を除いてその理解が困難である点を挙げなければならない。

人間を害する対象でありながら、見ることもできずまた理解することも出来ないものが引き起こす災厄に対して、未開人はそれを悪霊の仕業と考えた。
その意味では、放射能は現代の悪霊に他ならない。実は、現代になってから登場した悪霊は放射能だけではない。
ダイオキシン、O157、重症急性呼吸器症候群(SARS)、牛海綿状脳症(BSE)なども現代の悪霊と言える。現代の悪霊に対して、
人は過剰反応し、パニックに陥りがちである。マスメディアの扇情的報道により風評被害が起こることも共通している。放射能汚染問題では、
日本の輸出品に対する風評被害が問題になっているが、我々は米国産牛肉の輸入解禁に当たって、米国に対する全頭検査を要求した過去を忘れてはなるまい。
続く

244 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)