5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

洋楽厨の、「俺はお前らとは違う」っていうそのスタンス、ファックだね

1 :名無しさん@涙目です。(静岡県):2011/05/02(月) 21:13:12.44 ID:sRjPZoPw0● ?2BP(12)

まだ日本ではブレイクしていない、アメリカのビッグスターたち

日本で並外れて人気の高い外国人アーティストがいる反面、本国で非常に人気があるのになぜか日本での知名度がふるわないアーティストもいる。
これには複数の理由が考えられる。そのバンドが歌詞をメインにして音楽展開している、もしくはネガティブなイメージやちょっと地味で退屈なイメージが先行していること、そして最大の理由が積極的に来日公演を行っていないことだろう。

以下に挙げるのは、日本ではほとんど知られていないアメリカの大物スター達である。

●ボブ・シガー(Bob Seger)
ボブ・シガーは、1969年に発表したデビュー・アルバム『ランブリン・ギャンブリン・マン』でヒットを飛ばして以来、アメリカのFMラジオで人気の高いアーティストだ。

●ニール・ダイアモンド(Neil Diamond)
素晴らしいポップセンスを持ち合わせたシンガーソングライターで、作曲面でも、パフォーマーとしても素晴らしい実績を築いている。
彼の代表的曲は、モンキーズの「アイム・ア・ビリーバー」、バーバラ・ストライサンドのメガヒット曲「ユー・ドント・ブリング・ミー・フラワーズ」、
ディープ・パープルの人気曲「ケンタッキー・ウーマン」、UB40の世界的ヒット曲「レッド、レッド・ワイン」など、様々なアーティスト達に、幅広いタイプの曲を提供し世に送り出している。

●デイヴ・マシューズ(Dave Matthews)
1990年代末にジャムバンド・ブーム期にスーパースターとなったデイヴ・マシューズは、長年北米トップの集客力を持つアーティストとして活躍してきた。

●ガース・ブルックス(Garth Brooks)
アメリカで1億2800万枚の以上のアルバムを売上げてきたカントリー歌手。これまでに発表した6枚のアルバムは全て1千万枚以上のセールスを記録している。
彼の売上げを超えるソロ・アーティストはおらず、ソロに限定しなくても、ビートルズの次に売れている歌手で、カントリーは売れないという概念を覆した。


http://news.nicovideo.jp/watch/nw58557

228 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)