5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

被災地、ブラジャー不足深刻 18歳女性「恥ずかしくて頼みにくい」 53歳女性「別の避難所でも探した」

1 :名無しさん@涙目です。(青森県):2011/05/08(日) 14:07:35.92 ID:E/KEscjj0● ?2BP(283)

避難生活、ブラジャー不足深刻
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20110507-OYT8T00172.htm?from=yoltop
支援物資に漏れ、要望気後れ
東日本大震災の被災地で、避難生活が長引く女性たちに
「ブラジャー不足」が深刻な問題となっていたことがわかった。

必要なサイズが個々人で違うため支援物資には含まれないことが多いことや、
避難所の男性責任者には要望しにくいことなどが背景にあるようだ。

岩手県山田町で避難所となった山田高校で4月半ば、避難生活を送る約400人のため
救援物資の無料バザーが開かれた。山積みの衣類や日用品に多くの人が押し寄せたなかに、
ブラジャーを探す30代の女性がいた。
「ブラジャーはないんですか?」。
自宅が津波で流されたこの女性は、物資のなかにないとわかると肩を落とした。
「人目があるところでは、女性はブラジャーがないと薄着にもなれないので困る」と切実な悩みを訴えた。

同じ悩みを抱える女性は多いにもかかわらず、
「恥ずかしくて男性の責任者には支援物資に入れてとはお願いしにくい」(18歳の女性)という事情もある。
同県宮古市の避難所で暮らす女性(53)は「別の避難所でも探したが、早い者勝ちだった」と言う。
着のみ着のままで避難所に来た女性は同じブラジャーをずっと着けることになるという。

全国保健師長会・東北ブロック理事の梅内洋子さんは「体力が低下すると皮膚病や
強いかゆみが出る疥癬などの感染症にかかりやすくなる。下着は清潔なものを着けてほしい」と話す。

大手下着メーカー「ワコール」(京都市)はこれまでに被災地へ下着や靴下を20万枚以上届けたが、
ブラジャーは含まれていなかった。「サイズが様々なブラジャーは送りにくい。
自治体の要望もなかったが、必要なら、大まかなサイズに分かれた
スポーツタイプのものを今後は検討したい」と同社。
問題に気付いた岩手県は4月下旬、スポーツタイプのものやブラカップ付きタンクトップを計2万枚、
釜石、宮古市などへ急きょ送った。同県の県民くらしの安全課は「女性の要望にもきめ細かく対応していきたい」と話している。

105 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★