5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

絵がキモいせいで敬遠してる漫画

1 :名無しさん@涙目です。(東京都):2011/06/05(日) 22:30:47.42 ID:XWMeNGFw0● ?2BP(2)


荒木飛呂彦のルーヴル展示作品『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』、フルカラー愛蔵版が刊行

荒木飛呂彦による漫画作品『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』が、本日5月27日に刊行された。

同作は、フランスのルーヴル美術館が出版社と共同で展開している漫画コレクション企画「バンド・デシネ プロジェクト」の第5弾作品として、荒木飛呂彦が描き下ろした作品。
同プロジェクトでは、依頼を受けた漫画家が、ストーリーの中心となる美術作品やコレクション、展示室などを選び、ルーヴル美術館をテーマとした作品を自由に制作する。
荒木は日本の漫画家としてただ1人、同プロジェクトに参加していた。

『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』は、荒木の代表作『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部に登場する漫画家・岸辺露伴が主人公。
露伴がデビュー前に知った謎の絵「世界一黒い絵」を追ってパリへと旅立つ、というあらすじだ。

同作の原稿の一部は、2009年にルーブル美術館で開催された企画展『小さなデッサン展 漫画の世界でルーヴルを』で展示されたほか、2010年4月にフランス語版が同地で刊行。
日本語版は2010年に月刊誌『ウルトラジャンプ』にモノクロで掲載されていた。

今回刊行されるのは、同作本来のフルカラーでの日本語版で、ハードカバー仕様の愛蔵版となっている。まさにファン待望の1冊といえるだろう。

http://www.cinra.net/news/2011/05/27/121023.php

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)