5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

土用の丑の日に「う」の付くものを食べると良いようだけど お前らは何を食べる?

1 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/07/20(水) 19:56:50.86 ID:vScJbGwq0 ?BRZ(10073) ポイント特典

http://www.nnn.co.jp/news/110720/20110720009.html

「土用の丑の日」前にウナギ高騰 スーパー・料理店悲鳴
2011年07月20日
 土用の丑(うし)の日(21日)を間近に控え、ウナギの価格が高騰している。稚魚のシラスウナギが2年連続で
不漁となったことが主な原因。鳥取県内のスーパーや料理店は対応に苦慮しており、やむを得ず値上げに
踏み切る店も相次いでいる。
 「登月」(米子市加茂町1丁目)の店主、池渕良人さん(50)は「創業60年になるが、こんな値段は初めて」と
ため息を漏らす。
 仕入れ値がじわじわと上がり、約1・5倍まで跳ね上がった。6月にはうな丼などの価格を50〜100円値上
げ。「もうこれ以上は上げれない」と嘆く。
 「相場には勝てない」とイオン日吉津ショッピングセンター(日吉津村日吉津)。販売価格を前年より約3割高
くした。
 水産庁の調査では、昨年12月〜ことし4月のシラスウナギの推定漁獲量が7・5トンにとどまり、不漁だった
前年同期(9・2トン)より18・5%減、その前年同期(24・7トン)と比べると69・6%も減った。2年連続の不漁は
初めてという。
 栽培養殖課は「専門家の間では、海流の影響を指摘する声もあるが、はっきりしたことは不明」と説明する。
 日本養鰻(ようまん)漁業協同組合連合会(静岡市)によると、昨年は1キロ2450〜2650円だった生産者
販売価格が、今年は3200〜3300円となり、全体では2〜3割ほど高騰した。
 事務局は「不漁に加え、燃料やえさの値段が上がっていることも要因だろう。手の打ちようがない」と話す。
 卸値が上昇する中、ホック皆生店(米子市皆生4丁目)は「利益は減るだろうが、消費が落ち込まないため
にやむを得ない」と、高知産の価格を前年並みに抑えた。「梅乃井」(鳥取市元魚町1丁目)も価格を据え置い
たが「とても苦しい」と悲鳴を上げる。

59 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)