5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

狂気の科学者ワロタ 自宅(アパート)で原子炉を作っていた男逮捕される ウランなどを核分裂させようとする

214 :名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/08/06(土) 06:26:36.97 ID:/wHN9nw30
陽子数の少ない原子核が衝突して融合し、陽子数の多い原子核となるとき、
質量合計が僅かに軽くなる。この質量変化がエネルギーとなって放出される。
陽子と中性子を1個ずつ持った重水素が2個融合して、陽子と中性子を2個ずつ持った
ヘリウムになるとき、質量合計が0.1%減り、重水素1g当たり840億Jのエネルギーが
出される。石油1gの燃焼で発生するエネルギーは4万4千Jなので、約2百万倍。

現時点で人類の到達できる最高速度がスペースシャトルのマッハ30、秒速10kmで、
これは液体水素・液体酸素の混合燃料を全重量の86%まで積んでようやく出せる。
例えば地球から木星までの距離は約6億kmなのでこれだと約700日、2年弱かかることになる。
そこで先の核融合で現行のロケット並みに85%程度まで燃料にすれば秒速300kmを出す事ができ、
木星までたったの23日で行けることになる。

ところが更に上の物質・反物質反応という技術がある。
物質・反物質反応では1gの燃料から、なんと90兆Jものエネルギーを取り出せるのだという。
しかもCERNでは実際にこの反物質の生成に成功し、かつ16分間も存在させることに成功している。
核融合をも超えたエネルギーも夢物語ではないのだ。

74 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)