5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人を死なせて感動を誘う作品は総じてクソ

1 :名無しさん@涙目です。(中国四国):2011/08/22(月) 01:11:02.68 ID:2RdnDfTg0 ?BRZ(10000) ポイント特典

宮崎あおいが蝶々夫人に! 『篤姫』以来3年ぶりドラマ出演

 女優・宮崎あおい(25)が、11月放送のNHK土曜ドラマスペシャル『蝶々さん』に主演することが18日、
わかった。プッチーニのオペラ『蝶々夫人』の主人公で、世界で最も有名な日本人ヒロインといえる
お蝶(マダムバタフライ)と、米海軍少尉の恋愛悲劇を描く。真実の愛を貫く蝶々夫人を演じる宮崎は、
2008年に主演した大河ドラマ『篤姫』以来、民放含めてこれが3年ぶりのドラマ出演となる。

 明治初期、元佐賀藩の士族の娘として生まれ、母・やえによって、学問や家伝の能笛、
武士の娘としての心構えも叩きこまれ、英語を学び世の中の役に立ちたいと強く思うお蝶。
順風満帆にみえた人生は、両親の死、引き取り先の養母の死により流転の道へ。舞妓となり、
結婚した米海軍少尉との間に一人息子を授かるも、夫は本国に妻がいることが判明。息子の将来を考え、
息子を夫と本妻に託すと、自らは人生を終わらせることを決意する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110818-00000327-oric-ent

83 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)