5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

妹が土方の801本持ってた… 昔は心の清い妹だったのに… (´;ω;`)ウッ…

1 :名無しさん@涙目です。(東京都):2011/08/22(月) 19:31:12.44 ID:yjE0apqY0 ?PLT(12000) ポイント特典

土方「辞世の歌」謎を語る

新撰組の研究で知られる木村幸比古・霊山歴史館学芸課長=写真=が講師を務める「新発見!土方歳三の辞世のナゾ」
(大阪よみうり文化センター主催)が21日、東山区の同館で開かれた。
約80人が参加、木村課長が新説として打ち出した幕末の新撰組副長・土方歳三の辞世と考えられる和歌から人間性などを読み解いた。

新説は、土方と最後まで行動をともにした新撰組隊士の島田魁(かい)がまとめたとされる和歌集の巻頭歌
「鉾とりて 月見るごとに おもふ哉 あすはかばねの上に照かと」が土方の辞世とする内容。
木村課長は、この歌から「土方は歌を詠むのが好きで、ナルシシストのような性格がうかがえる。
辞世の歌も即興ではなく、事前に複数考えていたのではないか」と推測。

和歌集には土方とは別の新撰組隊士ら30人の和歌が掲載されていることや、ページを繰った痕跡が端にあることも紹介し、
「島田が何度も読み返した可能性がある」と指摘した。
講演会の後には、参加者が同館に展示中の和歌集や、幕末維新の資料を木村課長の解説で見学した。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kyoto/news/20110821-OYT8T00841.htm

62 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)