5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

深海イカのオスはバイセクシャルな事が判明

1 :名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/09/27(火) 02:40:49.28 ID:VUpZx6ZNP ?PLT(12021) ポイント特典

どうやらオスの深海イカは繁殖相手をより好みしないようだ。最新の研究によると、ある種のオスイカは、メスだけでなく、ほぼ同じ割合でオスとも交接するという。

 この“バイセクシャル”のイカは、手のひらほどの大きさのキタノヤツデイカ(学名:Octopoteuthis deletron)。太平洋東部の真っ暗な深海に生息しているため、オスとメスの区別が難しいらしい。

 研究チームのリーダーでアメリカのカリフォルニア州にあるモントレー湾水族館研究所(MBARI)のヘンドリック・ホービング氏は、
「オスイカがほかのイカを見つけた場合、“相手にするかしないか”を判断するときには、まだしっかりと性別を識別できていない」と話す。「だから、性別は関係なく、いちかばちかの賭けに出る」。

 そもそも、キタノヤツデイカは性の区別が難しく、外見上の違いはメスの皮膚の一部にしわが寄っている点くらいだ。
研究チームの言う“闇夜で一発” 戦略に頼らざるを得なくなり、相手が異性かどうかはそれほど重視されない。

◆自然界で珍しい同性性行動

 ホービング氏の研究チームは、ロボット潜水艇を利用して、水深400〜800メートルの暗い深海に住むイカの生態を記録した。
100匹以上観測した結果、メスイカとほぼ同数のオスイカが体の周囲に精子束を抱えていることが判明した。
つまり、キタノヤツデイカのオスイカは精子束を相手に付けるとき、性別を選んでいないのだ。

 オスイカは求愛行動の後、大きなペニスを使って、メスイカの外套膜(がいとうまく)や腕組織にある穴を通じて精子束を送り込む。

 しかし、“愛の行為”はそこで幕を閉じる。独り身の生活を過ごしたキタノヤツデイカは、交接の直後に死を迎える。

 イギリスにあるセント・アンドリューズ大学のネイサン・ベイリー氏は、今回の研究を受けて次のように述べた。
「手当たり次第のオスイカの性癖がよく示されている。生物学では“同性性行動”と言うが、今回のようなハイレベルでこの行動を示す種は非常に限られている。
一部の霊長類やイルカなどで確認されているのみで、キタノヤツデイカはその中でも最右翼に躍り出たと言えるだろう」。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110921-00000003-natiogeo-int

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)