5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「人に頼るのが極度に苦手」「心の奥底の否定的感情を表に出すのはつらい作業」RL(ロールレタリング)

1 :名無しさん@涙目です。(京都府):2011/10/24(月) 21:45:12.63 ID:T2zklGt/0 ?PLT(18072) ポイント特典

 RLは1980年ごろ、加害者が自己の内面と向き合う技法として、日本の少年院の現場で生み出された。

 臨床心理士でもある岡本教授は2006年、重罪や累犯の長期受刑者が服役する熊本刑務所の篤志面接委員に就任。
親や教師の言葉や行動で傷つき、成人後も感情を抑圧する傾向を抱えた受刑者が多いと感じ、面接指導にRLを採り入れた。

 殺人罪などで無期懲役の判決を受けた男性は当初、「被害者にも非があった」と話していた。父への思いを中心に約2年で
計9通の手紙を書き、厳しい父の教えで虚勢を張る生き方が身に付いていたことや、愛情に飢えていた寂しさを文中で明かした。
被害者に宛てた8通目では、犯行の本当の動機は自分の体裁を守るためだったと気付いたと記し、素直な謝罪をつづった。

 男性は以前、「希望が見いだせない」と自殺を図ったこともあるが、RL後は「自分が変われたと他の受刑者にも伝え、
助けてあげたい」と意欲を口にした。

 岡本教授は06年からの5年間で、殺人や傷害致死の罪で服役する受刑者20人の指導にRLを用いた。個人差はあったが、
「人に頼るのが極度に苦手」など犯行につながった自分の特性に気付き、「更生の決意が高まった」という感想が多かった。

 RLは全国の少年院に広まった一方、刑務所での導入は進んでいない。岡本教授は「自己理解がないと、他者への理解も
反省もない。心の奥底の否定的感情を表に出すのはつらい作業だが、努力をたたえる支え手の存在があれば、長期受刑者にも
RLは有効」と話す。

京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20111024000059

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)