5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

 在日韓国人のみなさーん お国の選挙に参加できるよ!  もう帰ろうぜ!

1 :名無しさん@涙目です。(北海道):2011/10/30(日) 12:56:48.12 ID:qI7L5+YB0● ?PLT(12372) ポイント特典

韓国での参政権が認められた海外在住の韓国20+ 件人にとって、初の投票機会となる国会議員選挙と
大統領選挙が、2012年に相次いで行われる。各国の大使館や総領事館では11月13日から
選挙人名簿の登録申請が始まるが、在日韓国20+ 件人の民間団体は「日本では法改正が十分
周知されていない」と指摘。10月30日に神戸市内で説明会を開く。(今泉欣也)

 韓国の公選法ではこれまで、国内に住民登録のない在外国民に選挙権がなく、兵庫や大阪の
在日韓国人が「在外国民の参政権排除は憲法違反」と同国憲法裁判所に提訴。07年、
裁判所が「違憲」と認め、09年に関連法が改正された。

 改正法では、韓国籍を持つ19歳以上の海外在住者を対象に、12年から国政選挙への投票が
認められた。日本国内の対象者は推計約47万人。投票には韓国20+ 件のパスポートが
必要で、駐神戸韓国総領事館は兵庫県内の対象者を約2万人と推測する。

 国会議員選は来年4月11日、大統領選は同12月19日。在外選挙管理委員会は
各国の大使館などを通じて周知に取り組んでおり、同総領事館も
在日本大韓民国民団(民団)や各種在日団体を通じて説明会を重ねている。

 それでも「制度改正を知る人はそれほど多くない」と指摘するのは、
在日韓国人本国参政権連絡会議議長代理の金信●(キム・シニョン)さん
(58)=神戸市長田区。「特に日本で生まれ育った3世や4世は、国政への関心も低い」と話す。

 そこで、30日の説明会では県内在住の幅広い在日世代をパネリストに招き、
在外投票の意味や具体的な手続き方法、制度の疑問点、課題を語り合ってもらう。

 「日本での選挙権もないわれわれにとって、選挙への参加は悲願だったし、未来への
可能性も広がった。より多くの人に関心を持ってほしい」と金さん。説明会は
午後1時半から、JR新長田駅前のピフレホール。参加費500円。
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004582241.shtml

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★